東京の中古戸建の購入時の注意とポイント

◆東京で戸建住宅を買う場合に知っておくべきこと

東京は全国的に見ても地価が高い場所です。人気エリアとゆうこともあり、ほとんど空き地がないほど建物が立っています。東京の中でも特に人気エリアは物件自体出てきません。出てきたとしても高額取引されて一般の方では購入ができない場合がほとんどです。また東京ならではの物件もあります。例えば建物が密集しているために道路に接道しておらず、再建築できない土地や、都市計画法の基準をオーバーしている既存不適格物件、高層マンション、など様々な物件のパータンがあります。東京で駐車場付き庭付き3LDKだと高くてまず郊外になります。人気エリアだと億単位になることも!!もし安い場合は何か理由がある場合がほとんどです。必ず確認しましょう。

 

◆中古戸建購入時に確認する事
不動産の購入は人生において一番大きい買い物です。後悔しないようあらかじめ確認しましょう。物件の概要や不動産業者からの資料だけではなく必ず内見に行きましょう。内見したら建物の躯体を確認します。床下や天井も確認しましょう。雨漏りはないか、リフォーム費用が掛かりそうかなど。建て替えは可能か、次立て替えたらどのくらいの大きさの建物が建つのか。建ぺい率、容積率がオーバーしていないか。東京は地価が高く建物が密集しているので、再建築不可物件やセットバックが必要な物件、建築確認は下りるが超狭小住宅になってしまう土地の場合もありますのでリスクについて不動産業者にしっかり確認しましょう。
また購入時の注意点としてその土地、建物の価値を左右するのが住宅ローンが使えるのかとゆう点です。同じような場所、同じような土地でも、住宅ローンが使えないと、売却時に安くなってしまいます。

◆再建築不可物件が人気上昇中!!

再建築不可物件は市場では通常の不動産より安く取引されています。一番の理由は新しく建て替えが出来ないからです。ですが、最近ではテレビで取り上げられた影響などで新築そっくりにリフォームして使うケースもあります。人気エリアに安く居住できるからです。ただし金利が高い、リフォーム費用が新築よりかかる、通行のトラブルがあるなどの注意点もあります。リスクを理解して購入しましょう。


◆まとめ

東京で住宅を買う場合は建物の状態の確認はもちろんですが、建築に関する法律、条令も必ず確認することです。また、再建築不可物件や既存不適格物件など物件によっては弱点がある場合があります。逆に安く購入できるメリットもあります。

◆売却したくなったら…
再建築不可物件は売れないと思っている方はたくさんいますが弊社のような再建築不可物件買取専門業者もあります。再建築不可物件、既存不適格は買取業者で売却することがおすすめです。
瑕疵担保免責や通行承諾なし、確定測量なし、など好条件で買い取ってもらえます。

売り主様が負担を軽減できます。
再建築不可物件買取専門業者のほうが高く売却できるケースがおおいです。

 

再建築不可物件に関するお問い合わせはこちら!

  • 借地、底地
  • 再建築不可
  • 既存不適格
  • 相続物件
  • 任意売却
  • 狭小物件
電話:
03-5904-8255
FAX:
03-5904-8256
メール:
info@tokyo-ld.jp
営業時間:
10時~19時
定休日:
第一・第三火曜、水曜
お問い合わせ
再建築不可物件、相続物件、任意売却に関する査定申し込みはこちら!最短翌日に査定結果をご報告いたします!