再建築不可物件の売却方法・買取相場

再建築不可物件の売却相場

再建築不可物件は建て替え、増築、改築などができないので、土地の評価が低くなってしまいます。そのため、銀行の住宅ローンを利用できないケースが多くあります。

結局、空き家としてそのまま放っておく所有者が多く、建物が老朽化して雨漏りが起きたり、シロアリの被害が発生したりすることも…。また、火災などのデメリットもあるのでおすすめできません。できるだけ早めに売却することが最適な対応といえるでしょう。

ただし、売却するにしても一般の不動産会社では再建築不可物件を有効活用することができないので、低価格でしか買取してもらえないのが実情です。

また、買取相場も一定ではなく、物件によりまちまち。再建築不可物件の場合は、価格を決定する様々な条件(建物、道路の接道状態、エリアの需要、面積、築年数など)が異なるので、相場が存在しないのです。そのため一概には言えないのですが、一般的な相場の半値、もしくはそれ以下となってしまうことが多いでしょう。

仮に値段を大幅に下げたとしても買い手がなかなかつかない物件なので、買取してもらえないという状況も十分に考えられます。

再建築不可物件の売却査定について

一般的に不動産を査定するときは、取引事例比較法、収益還元法、原価法などで計算し、あとは売主の希望を踏まえて価格を決定します。しかし、再建築不可物件の場合は条件がまちまちなので、価格を決めることが非常に難しくなります。

例えば、再建築不可物件の取扱いが少ない一般的な不動産会社の場合、知識に乏しいことが多く、また比較となる過去の成約事例が少ないのが現状です。そのため、取引事例比較法で査定することはとても困難!高く売却するための知識にも乏しいので、買取時の査定価格が低くなってしまうのです。

しかし、弊社のような再建築不可物件を専門に扱う不動産業者なら、高価買取が実現します。これまでに同様の物件の取扱いが豊富なので、その実績から再利用可能となるケースなどと比較できるからです。

また、現地などに何度も出向き、建て替えができる可能性を徹底的に調査!その結果、再建築が可能となったケースも多く、お客さまに対して査定額を高く提示できるのです。

売却先・買取業者を選ぶポイント

このように相場と言えるものがなく、一般的に買い手がつきにくい再建築不可物件でも、良い条件で売却できる方法があります。それは、売却先である買取業者のポイントを踏まえてきちんと選ぶことです。

そのポイントはこちら!

ポイント1再建築不可物件を専門的に扱っている。

ポイント2再建築不可物件の購入を希望する人からの問い合わせが多い。

ポイント3良い方法を提案してくれる。

ポイント4地元での実績が多い。

一般の不動産会社には再建築物件の情報が少なく、また知識も豊富ではありません。しかし、専門に扱っている不動産業者であれば、再利用するためのコツや方法を知っているので、売却実績も豊富!また、再建築を可能とするための提案もできます。

特に、東京23区や都下の一部の地域では再建築不可物件の需要があり、弊社にも問い合わせを多くいただいておりますので、スムーズな買取が可能となるかもしれません。

私たちは、このように、再建築不可物件を得意としていますので、諦めずに一度ご相談ください。

再建築不可物件について

東京土地開発株式会社の再建築不可物件買取

再建築不可物件に関するお問い合わせはこちら!

  • 借地、底地
  • 再建築不可
  • 既存不適格
  • 相続物件
  • 任意売却
  • 狭小物件
電話:
03-5904-8255
FAX:
03-5904-8256
メール:
info@tokyo-ld.jp
営業時間:
10時~19時
定休日:
第一・第三火曜、水曜
お問い合わせ
再建築不可物件、相続物件、任意売却に関する査定申し込みはこちら!最短翌日に査定結果をご報告いたします!