記事一覧

再建築不可物件とは、建築基準法で定められているところの「土地に接している道路の幅員が4m未満」「敷地と道路が接する距離が2m未満」の土地に建てられる物件のことです。 該当する土地が現在建っている建物を取り壊した場合、増築・改築・再建築ができず、また建築確認申請が必要な建物はリフォームもできません。 ただし、再建築不可物件でも木造2階建て、延べ床面積500㎡以下の「4号建築物」に関しては、建築確認申・・・

記事を読む »

建築基準法の改正によって建物を建築できなくなってしまった土地のことを再建築不可物件と言います。再建築不可の名の通り、現在建っている家屋に住み続けることは可能ですが大体の再建築不可物件は建物が築40年以上とかなり古いです。したがって快適に住むためには大規模なリフォーム、リノベーションが必要となることがほとんどです。 こちらでは再建築不可物件をリフォームする場合はどこまでが改築で、どこからが再建築にな・・・

記事を読む »

再建築不可物件はその名の通り再建築をすることができない物件のため、一度建物を壊し 更地にしてしまうと、再びその土地に家を建てることができなくなります。家が老朽化すると近隣トラブルにつながったり維持費がかさんだりするため、建物を取り壊したくなってしまうこともあるかもしれませんが、更地にするという決断をする前に、改めて検討をするようにしましょう。こちらでは、再建築不可物件を更地にしたい方向けに、その注・・・

記事を読む »

再建築不可物件、相続物件、任意売却に関する査定申し込みはこちら!最短翌日に査定結果をご報告いたします!